新着情報

【2021年度・信州支部総会のお知らせ】

(2021/07/23)

令和3(2021)年度の信州支部総会はオンライン限定での開催となります。また、東京理科大学のホームカミングディ(HCD)に参加する形で開催することにも、支部役員会で決めさせていただきました。ここ数年間、信州支部としてHCDに参加してきた経緯を踏まえてのことになります。
—————————————————————–
開催日:2021年10月31日(日)
時 間:15:00から16:00(変更の可能性有)
場 所:オンライン(ZOOM)
内 容:例年通りです
 1部.支部総会(令和2年度事業報告&会計報告など)
 2部.講演会(準備中)
 3部.ZOOM懇親会
補 足:東京理科大学HCD内での開催 
—————————————————————–
東京理科大学HCD:https://tus-alumni.risoukai.tus.ac.jp/…/1a65562a4e662a3…
上記が役員会で決定されたことを受け、早速、増渕会長、槇常務委員と、HCD内でどのような形で実現できるか打ち合わせする機会を設けていただきました。有難うございました。
7月21日(水)でのZOOMでの意見交換では、以下のように決まりました(適宜変更していきます):
(1)理窓会所有のZOOMを利用して開催する。
(2)原則として、事前登録制とする(Googleフォーム)。
(3)HCDのWebサイトから、理窓会内の信州支部のHP経由で、事前登録できるようにする。事前登録者にこちらからアクセス場所をお送りします。
(4)1部、2部、3部を別々にアクセス先を設定する。
(5)1部の支部総会は支部会員限定で公開する。2部と3部は支部会員以外にも開放する。
(注)3部は開催しない可能性や、開催しても人数制限を設ける可能性があります。基本的には、例年の支部総会同様に、参加していただいた人に、順番に近況報告などをしていただく予定です。ばらばらに、あるいは全体で雑談するのは難しそうです。
〇 
〇〇〇
ところで、講演会については、役員会で2種類のものが話し合われました。一つは、信州支部会員目線で、理科大とつながる機会とするもの。つまり、東京理科大学関係者で名声のある人にご講演をお願いする形式。そして、もう一つが、信州支部を理科大にアピールする機会にするものです。こちらは、長野県で活躍する同窓を全国の同窓に知っていただく機会とするものです(将来の地方発の坊っちゃん賞候補?)。
先の本部との意見交換の中で、理科大HCDとして名声ある人の対談を予定しているという情報を得ましたので、信州支部としては、後者の視点を選択したいと考えました。つきましては、信州支部会員のみなさまが、両方の講演会に参加できるようにしたいと思いますので、信州支部総会の開催時間の調整をしていくことにしました(時間帯をずらす)。HCDが録画配信ということであれば今のままで問題なさそうです。今後も、本部と情報交換させていただきながら、随時ここに進捗状況の報告をしていきたいと予定していますので、よろしくお願いします。
私自身(飯田)はZOOMでの会議運営に慣れていますので、それなりにアドホックな対応もできると考えていますが、もちろん、ご迷惑をおかけすることがあるかもしれません。当日の飛び入りを含めて(当日登録していただく必要あり)、できるだけ対応したいと考えています。また、ZOOMに不慣れな人が少しでもZOOMの扱いに慣れていただけるような、操作に関する説明もさせていただく予定です。そんなにうまくはいかないだろう程度にお考えいただきながら、お気軽にご参加いただけると幸いです。
〇〇〇
本年度は、これらの案内状を、昨年度確定した名簿に従い、信州支部会員のみなさまに送付することとしています。送付を希望される人は理窓会経由で連絡していただければ、名簿に追加いたします。送付時期は9月中旬を予定しています。また、コロナ禍にあり大変な折で申し訳ありませんが、支部会費(1,000円)のご協力をお願いしています。こちらにつきましても、例年通り案内状に記載します。
〇〇〇
支部総会関連でのご報告になりますが、2021年7月3日に開催された神奈川支部総会に、神奈川県支部長様にお声がけいただき、ZOOMで参加させていただきました。先進的な取り組みにとても共感いたしました。オンラインをはじめとするデジタル時代への適応とチャレンジ精神に学ぶところが多かったです。
情報化のキーワードは「自前主義」と考えます。これは既存のソフトウェアやハードウェアを自分たちで使いこなすことで、自分たちに合ったシステム(やり方)を、自分たちで手作りしていくという考え方です。職場のDXやRPAなどもしかりです。アウトソーシングもいいけれど、理科大の仲間が総力を結することで、理科大スタイルを実現できることを望むところです。それが一つの理科大らしさであり、理窓会としての支部らしさだと(勝手に)考えています。
神奈川支部総会は、それを感じさせていただくものでした。お誘いくださり、有難うございました。オンラインだからできることはたくさんあると思います。「遊び心がチャレンジ精神の源泉」と考えます。信州支部総会でも大いに参考にさせていただこうと考えています。
〇〇〇
最後に、このページへの書き込みは理窓会の信州支部のページに転記していただくことになりました。今までもそうですが、改行が難しく、今回は「〇」を利用してみました。読みにくいとは思いますが、ご理解いただけると幸いです。また、このページを転記することを快くお引き受けいただきました、理窓会本部の事務局の皆様にはこの場をお借りして感謝申し上げます。
信州支部Web:https://tus-alumni.risoukai.tus.ac.jp/shibu/shinshu/
引き続き、よろしくお願いいたします。
飯田@信州支部長