Home / 理窓会のニュース / 新年茶話会 / 第20回 坊っちゃん賞 受賞者

新年茶話会

第20回 坊っちゃん賞 受賞者

2017/11/22

理窓会では、第20回 坊ちゃん賞で受賞されたの方々を、新年茶話会にご招待し、記念品を贈呈し、お祝いしております。

平成30年新年茶話会にご招待している方は、下記のとおりです。

  • 山田 義幸 氏 (29理・化)
    <理窓会の情報発信能力向上に寄与、東京理科大学発展への支援強化に大きく貢献した。情報誌を創刊して配布範囲を飛躍的に拡大し、会誌のウェブonline化とMail・HP・SNSの複合ネットワークからの発信で理窓会が志向する価値の向上と見える化を支えている。>
  • 水野 澄  氏 (40理・数)
    <「坊っちゃん科学賞研究論文コンテスト(高校部門)」の創設・発展・普及に貢献した。高校生の知的好奇心の育成、科学への興味・関心を高め、優秀な研究論文を顕彰する事に伴い、東京理科大学の社会的評価を高めるために貢献した。>
  • 三分一 博志 氏(H4理工・建)
    <人工物である建築が、年月の変化とともに、いかに自然の風景の一部となるかを一貫したテーマで研究。日本建築大賞や日本建築学会賞作品賞を2度受章するなど国内外の評価も高く、東京理科大学の名声を高めた。>

ツイート

ページトップへ