Home / 理窓会とは / 理窓会倶楽部運営委員会規程

理窓会倶楽部運営委員会規程

第1章 総則

名称

第1条
この会は、理窓会倶楽部(以下「本倶楽部」という)と称する。

所在地

第2条
本倶楽部の事務所は、東京都新宿区神楽坂2丁目の大学会館内に置く。

目的

第3条
本倶楽部は理窓会の会員が、施設を懇親及び、ビジネスチャンスの場として利用し、お互いの親睦と交流を深め、大学等と卒業生の発展に寄与することを目的とする。ここに大学等とは、東京理科大学、及び諏訪東京理科大学をいう。施設とは、理窓会が管理する大学会館談話室、大学会館会議室をいう。

活動・事業の種類

第4条
   本倶楽部は前条の目的を達成するために次の事業を行う。
   (1) 談話室の利用と飲食の提供
   (2) 貸室
   (3) 理窓会グッズの販売

第2章

利用者の資格

第5条
   本倶楽部の利用者の資格は、次の各号に定める。
   (1) 理窓会会員
   (2) 本倶楽部運営委員会が承認した者
   (3) こうよう会会員
   (4) 前各号に定める者が同伴するゲスト

倶楽部の利用

第6条
   利用者は別途要領に定める利用管理分担金と飲食費を納めることにより施設を利用することが
   できる。
  2.利用管理分担金等は現金で納めるものとする。
  3.前条第1項第4号に定めるゲストに関する一切の責任は、前条第1項第1号から第3号に定める
   利用者が負うものとする。

運営協力者

第7条
   本倶楽部の運営協力者(以下「協力者」という)になろうとするものは、所定の振替書を用い、
   別途要領に定める運営協力金を、所定の期間内に納め、かつ、運営委員会の承認を得るものと
   する。
  2.協力者は別途要領に定める本倶楽部利用者特典が与えられる。

利用者の資格喪失と再取得

第8条
   利用者が次の各号に該当するときは、運営委員会の決議により本倶楽部の利用者資格を喪失
   する。
   (1) 本倶楽部の利用に係る債務が生じた利用者で、倶楽部から催告を受けた日から一ヵ月を
     経て、なお完納しない者。
   (2)本倶楽部の名誉・信用を著しく傷つけ、又は、規約など諸規定に違反する行為があった者。
  2.利用資格を喪失した者が、資格を再取得しようとするときは本人が運営委員会に申し出て承認を
   得た後、運営協力金を納めるものとする。

第3章 役員および運営委員

役員

第9条
   本倶楽部には次の定数の役員を置く
   (1) 委員長    1名
   (2) 運営委員 4名~7名(含む委員長)
   (3) 監事      2名

役員の選任

第10条
   委員長は、理窓会会長が副会長または常務委員の中から推薦し、常務委員会の承認を得て、理窓会会長が
   委嘱する。
  2.運営委員は、理窓会会長が、会員で別途要領第5条に定める会費を納めた者の中から推薦し、会長の承認
   を得て、会長が委嘱する
  3.副委員長は、委員長が委員の中から推薦し、会長の承認を得て、会長が委嘱することができる。
  4.監事は常務委員会が選出する。
  5.副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故がある時はその職務を代行する。

委員長の職務

第11条
委員長は、本倶楽部の業務を統括し、本倶楽部を代表する。

運営委員の職務

第12条
   運営委員は本倶楽部の業務を行う。
  2.委員長に事故がある時及び委員長が欠けた時は副委員長又は 予め委員長が指名した運営委員が、
   新委員長の選任されるまで委員長の職務を代行する。

監事の職務

第13条
監事は、本倶楽部の業務と会計を監査する。

役員の任期

第14条
   役員の任期は2年とする。ただし、補欠の役員の任期は、前任者の残任期間とする。
  2.役員の再任は妨げない。
  3.役員は任期満了後も、後任の役員が選任されるまでは、その職務を行う。

役員の補充

第15条
運営委員又は監事に欠員を生じた時は、前10条の事項にもとづき、二ヵ月以内に補充しなければならない。

運営委員会

第16条
   運営委員会は運営委員をもって組織し、倶楽部の維持・管理業務の遂行に必要な重要事項を決定
   し、その執行に当たる。
  2.運営委員会は必要に応じて、委員長が随時招集し、かつ議長となる。
  3.運営委員会の決議は運営委員の過半数が出席し、出席委員の過半数をもって行う。可否同数の場
   合は、委員長の決するところによる。

第4章 会計

会計

第17条
本倶楽部の会計は理窓会一般会計と区分し、別途処理する。

経費と収入

第18条
本倶楽部の維持・運営に要する費用は、協力金、利用者管理分担金、飲食費、預金利息などをもって支弁する。

予算及び決算

第19条
   本倶楽部の予算は毎年会計年度開始前に、会計担当委員が編成し、運営委員会に諮ってその承認
   を得なければならない。
  2.本倶楽部の決算は、毎年会計年度終了後、二ヵ月以内に行い、会計担当は決算書を作成して監事
   の意見を求めた上、運営委員会に諮りその承認を得なければならない。
  3.委員長は本倶楽部の予算書、及び決算書を毎年、常務委員会に提出し、その承認を得なければな
   らない。

会計年度

第20条
本倶楽部の会計年度は4月1日に始まり、翌年3月31日に終わるものとする。

第5章 補則

活動報告

第21条
本倶楽部は、三ヵ月に一度常務委員会に、中間活動報告をしなければならない。

規程・諸帳簿等の備付

第22条
本倶楽部の事務所には、この規程・要領・役員名簿及び会計諸帳簿を備えて置かなければならない。

公告の方法

第23条
本倶楽部の公告は、代議員総会で報告するとともに、協力者へも開示を行う。

規程・要領等

第24条
規程・要領の改定及び本倶楽部の維持と運営に必要な事項は運営委員会において定め、常務委員会の承認を得なければならない。

付則

この規程は、昭和62年4月1日から施行する。
昭和63年  4月  1日  改定
平成  8年  4月  1日     改定
平成10年  7月15日  改定
平成17年  4月  1日  改定
平成19年  9月18日    改定
平成22年  4月13日    改定
平成23年  4月  1日    改定
平成28年7月12日  改定
ツイート

ページトップへ