Home / 理窓会とは / 会長あいさつ

会長あいさつ

東京理科大学 理窓会 会長 石神 一郎東京理科大学および関連学校の卒業生全員が会員である東京理科大学理窓会は、明治22年(1889年)に発足した「東京物理学校同窓会」が前身となっています。

当時の主な活動は、毎月1回の談話会および「東京物理学校同窓会雑誌」の発行でしたが、発足した同窓会の規則第一条「東京物理学校の目的を体し、理学の普及を助け、併せて同窓の親睦を厚うせんこと」により、単なる親睦団体にとどまらず、学校の充実発展を通しての社会貢献のために果たした役割は多大で、同窓会と学校との強い絆は東京物理学校の大きな特色として今に語り継がれ、その伝統は連綿と引き継がれています。これが、理窓会の原点です。

同窓会は、大正2年(1913年)に東京物理学校の経営を東京物理学校維持員同盟から委譲され、大正4年(1915年)には財団法人東京物理学校を設立し、昭和26年(1951年)に学校法人東京物理学園へ引き継ぐまでの間学校の経営に携わりました。

東京理科大学および関連学校の卒業生全員が会員である東京理科大学理窓会は、明治22年(1889年)に発足した「東京物理学校同窓会」が前身となっています。

当時の主な活動は、毎月1回の談話会および「東京物理学校同窓会雑誌」の発行でしたが、発足した同窓会の規則第一条「東京物理学校の目的を体し、理学の普及を助け、併せて同窓の親睦を厚うせんこと」により、単なる親睦団体にとどまらず、学校の充実発展を通しての社会貢献のために果たした役割は多大で、同窓会と学校との強い絆は東京物理学校の大きな特色として今に語り継がれ、その伝統は連綿と引き継がれています。これが、理窓会の原点です。

同窓会は、大正2年(1913年)に東京物理学校の経営を東京物理学校維持員同盟から委譲され、大正4年(1915年)には財団法人東京物理学校を設立し、昭和26年(1951年)に学校法人東京物理学園へ引き継ぐまでの間学校の経営に携わりました。

学制改革により東京物理学校は昭和24年(1949年)新制大学として東京理科大学となり、同窓会も「東京理科大学理窓会」と名称を変更しました。

現在、理窓会は大学の運営に直接には関わっていませんが、法人の重要な機関である評議員会の定数73名のうち30名は卒業者評議員です。

理窓会の目的は、会則第三条の「会員相互の親睦を厚くし」、「学校法人東京理科大学の発展に協力すること」および「社会に貢献すること」です。
そのため、理窓会では、会誌「理窓」、情報誌「理科大today」の理窓会活動の編集、ホームページの開設、全国都道府県支部活動及び関連組織の支援、大学との共同事業のホームカミングデーの開催、大学のキャリア教育支援など、多彩な活動を行っています。神楽坂に面した建物PORTA神楽坂の7階に理窓会事務所と会議室、6階に理窓会倶楽部と会議室があり、会員相互親睦の場を提供していますので、ぜひご利用ください。

学校の目的を体し同窓会は明治・大正の時代、折々に学校への資金的な応援をしてきましたが、昭和56年(1981年)には東京理科大学の創立100周年記念事業の一環として、多くの同窓から3億円以上の寄付を募り野田キャンパスの創立100周年記念森林公園を寄贈しました。また、創立110周年を記念して竣工された近代科学資料館(二村記念館)は同窓の二村冨久氏の寄付によって建設されました。

東京理科大学は平成18年(2006年)6月に創立125周年を迎えましたが、創立125周年記念事業の一環として、同窓の森戸祐幸氏の寄付(約20億円)により神楽坂キャンパスに森戸記念館が竣工し、野田キャンパスには森戸記念体育館が竣工しました。

平成15年(2003年)から平成21年(2009年)度までの大学維持会による125周年募金では、卒業生からの募金が約10億円となりました。

現在、東京理科大学、山口東京理科大学、諏訪東京理科大学、東京物理学校、東京理科大学山口短期大学、東京理科大学諏訪短期大学を卒業した17万人の素晴らしい仲間が日本はもとより世界の各地で活躍しています。

理窓会は、情報発信や事業開催・事業応援を通して全国47支部、職業・職域・スポーツ・趣味などの諸会、個々の卒業生のネットワーク作りを応援し楽しく実りある同窓会活動を目指しています。目に見える卒業生の社会での活躍が大学の評価を高め、発展する大学の評価が卒業生の評価を高めるという好循環を更に加速したいものです。

同窓の皆様におかれましては、理窓会ならびに東京理科大学の発展に向け、力強いご支援を賜りますようよろしくお願い申しあげます

ツイート

ページトップへ